品質管理のリスクと要

(一) 品質管理のリスク

生産品質の内部管理とコントロールを強め、生産途中での色んな品質の誤りを防ぐため、各コントロール手段を強化し、関連部分の管理を強めて様々な品質リスクを予防する必要があります。

リスク1.品質が下がり、効果的にコントロールできなければ、信託危機で取引先と市場の失いを引き起こします。

リスク2.品質事故や製品の傷で、企業が処罰を受け、弁償請求されることで、ひどい経済損害をもたらします。

リスク3.品質の製造基準、操作、規格の検証を欠かせば、企業の発展に悪い影響で競争力をなくなります。

リスク4.量産品の廃棄、やり直し、材料が大量な経済損害を引き起こします。

リスク5.製品の修理、やり直し等が人工資源を浪費し、コストを拡大し、効率を下降することをもたらします。

(二) 品質管理の要

 品質管理にとって以下の点を注意すべきです。

要1.品質教育を強化し、予防を主とする全過程制御を堅持します。

要2.健全なる製品品質標準、工芸操作規範を確立し、検査して厳しく実行します。

要3.「最初検品、抜き取り検品、明細検品、最終検品」方針を健全して実行します。

要4.部署責任と問責を確立して実行し、賞罰を明らかにします。

要5.生産期間の各部位、各コーナーが有効にコントロールします。

嘉興貿易有限公司

〒314000 TEL086-0753-81881912

中国浙江省嘉興市南湖区広益路万達広場春江中心四号ビル1301室

お問い合わせ:zyxgafound@hotmail.com